Houzzの特集記事に取り上げられました!

玄関

 「住む人」と「住まいの専門家」をつなぐHouzzのウエブサイトの玄関ドアの特集記事に取り上げられました。デザイン、インテリア写真、アイデア、アドバイスなど、住まいに関するあらゆる情報やサービスを提供しているウエブサイトです。

ホームページ内に掲載しております松山市 I様邸 無垢の香りと京の町家風情があふれる家の玄関の写真がHouzzのウエブサイトの特集記事に取り上げられました。こちらからご覧ください。

玄関ドアはどう選ぶ?その種類と素材、性能 »

松山市平井町 平屋建新築工事 進捗状況㉑

松山市平井町和風平屋建新築工事の現場では、外壁の吹き付け塗装工事が終わりました。

作業場で加工していた矢切の格子も取り付け、丸太に銅板を巻きました。

銅板は、年数が経つにつれて、いろんな顔を見せてくれます。銅は時間と共に綺麗な緑色(緑青)へ色が変化していき、木の黒ずんだ色とマッチしていきます。今は滅多につけることがなくなってきていますので、材料屋さんに問い合わせをした時にも在庫はなく、取り寄せてもらいました。

内装工事が始まりました。和室と廊下はじゅらく塗り、洋室はクロスを貼っていっています。

左官工事で仕上げる日本の伝統的な工法の塗り壁は、継ぎ目のない一体の壁面をつくることができます。防火性、断熱性、調湿性に優れていて、調湿性は室内に湿気が多いときは素材が湿気を吸収し、乾燥期にはこれを放出するので結露防止や適度な湿度の維持に効果があるとされ、日本の気候・風土に適しています。

松山市平井町 平屋建新築工事 進捗状況⑳

9月に入り、暑さが少し和らいできました。とは言っても日中は少し動くだけでまだまだ汗ばみますが。

松山市平井町和風平屋建新築工事の進捗状況ですが、弊社作業場で濡れ縁を製作中です。樹種は、硬くて丈夫で赤みの強いこえ松を使用しています。加工が終わりましたので、後日、現場で溝の中に1本ずつはめ込んでいきます。

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて⑦

アイティエヌジャパンさんの『ウールブレス辞典』より

 

8月も最終週になりました。先日までの最高気温35℃前後が30℃前後になってきて、ジリジリとした暑さが和らいできました。朝晩も涼しくなってきて、秋風を感じるようになりました。

前回までの内容

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて①

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて②

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて③

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて④ 

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて⑤

呼吸する羊毛断熱材 ウールブレスについて⑥

呼吸する羊毛断熱材『ウールブレス』について、保温性・調湿性・撥水性等についてお伝えしてきましたが、今回は消臭力についてお伝えします。

気持ち良く快適な生活を送るためにも、生活臭はなるべく抑えたいものです。しかし、生活する上で切っても切り離せないのが「臭い」です。
ウールブレスはウールの持つ特異な構造により、臭い成分の原因菌を繊維内にしっかりキャッチし、吸着する作用を備えています。しかも、一度吸着した物質は再び外部に放出しないという優れた機能を備えています。

以前にこのウールブレス断熱材を採用したお施主様からは、「ウッドデッキで、バーベキューをしても家の中は焼肉の臭いがありません。」というお声をいただきました。

たくさんお伝えしてきましたが、断熱材『ウールブレス』には、断熱の効果だけではなく、ウールのもつ不思議な働きがたくさんあります。

松山市平井町 平屋建新築工事 進捗状況⑲

松山市平井町和風平屋建新築工事の現場ですが、和室の化粧でみえる部分の大工工事がほぼ完了しました。

化粧で見えている部分は桧を使用し、職人がカンナで1本ずつ仕上げています。写真では分かりくいですが、艶があります。機械で仕上げるより、カンナで仕上げる方が艶が出ます。

矢切の格子を手作りで仕上げています。外部の塗装が終わり次第、取り付けます。

東温市 耐震リフォーム工事 進捗状況②

8月も後半に入りましたが、熱中症警戒アラートも発令され、連日暑い日が続いていますね。暦の上では、もう秋ですが、しばらくはこの暑さと戦い続けなければなりません(T_T)

東温市の耐震改修工事の現場ですが、第三者機関の検査がありました。

既存の土壁を撤去し、柱の柱頭柱脚金物を取り付け、専用の横桟を打ち、耐震壁を取り付けました。このように補強をしていき、スムーズに工事が進み、補強工事が終わりました。仕上げ工事に入ってきます。

東温市 耐震リフォーム工事 着工しました①

夏季休暇中、四国カルストにプチドライブに行ってきました。気温25℃くらいで涼しく、青い空・白い雲が雄大に広がっていて、清々しかったです。

弊社夏季休暇が明け、本日からまた仕事再開です。月曜日と勘違いしてしまっていました。残暑も厳しいですが、まだあと1ヶ月くらいはこの暑さが続くでしょうね。

<着工前>

 

<施工中>

東温市の現場では、補助金を活用して、耐震改修工事が着工しました。まず、既存の壁を壊します。第三者機関で、耐震改修診断を行い、行った結果を基にして、金物を補強していきます。

松山市 ブロック塀 リフォーム工事 進捗状況③

立秋が過ぎましたが、まだまだ暑さの厳しい日が続いています。犬の散歩に19時頃行っていると薄暗くなっているので、夕方、日が暮れるのは早くなってきました。

週末は、暑いながら船釣りに連れて行ってもらいました。鯛、イサキ、ハギととりどりの魚が釣れ、リフレッシュになりました。

 

先月、着工していた松山市のブロック塀からフェンスへのリフォーム工事の現場が、完成しました。既存のブロック塀はかなり傾いていて通行等の危険を感じていましたので、ブロック+フェンスにやり替えて、安全に通行できます。

松山市平井町 平屋建新築工事 進捗状況⑱

松山市平井町の和風平屋建新築工事の現場ですが、外壁塗装の下地となるモルタル壁を左官さんが作っています。定規を張り、壁が真っ直ぐになるように仕上げています。塗装すると見えなくなる部分ですが、波打っていたら、塗装しても波波になるので、左官の職人技でピシッと仕上げています。この仕事大事です。

松山市平井町 平屋建新築工事 進捗状況⑰

今日から8月ですね。日なたは、じりじりと肌が痛く、かなりの暑さを感じます。熱中症指数も危険レベルになっています。体力が失われそうです。

化粧材をカンナで仕上げています。木の表面を薄く削ることで、サンダー仕上げにはない美しいツヤが出て、機械では出せない輝きがあります。撥水能力も高くなるため、塗装をする材料には向かない仕上げですが、汚れもつきにくいです。桧の無垢材をカンナで削ると部屋全体が桧の香りに包まれます。