介護

松山市 介護保険住宅改修工事

寝室を畳からフローリングに変更
トイレの入り口扉を引き戸へ取替
廊下に手すりを取付
トイレに手すりを取付

住み慣れた家で暮らし続けたいという思いで、介護保険住宅改修費支給制度を利用して、

改修工事を行いました。

身体の変化に伴って家の構造が生活に合わなくなり、

そうした家の構造を住みやすいように改修しました。

事故の予防、自立度の向上、介護する側にとっても負担の軽減になるよう

介護保険を活用すれば、こうした住宅改修の費用について最大18万円まで

支給されます。